人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

劇団appleApple

applestage.exblog.jp

思い出せない記憶

ご来場くださいましたお客様、ありがとうございまいた。

今回、シバフ/ニッタを演じておりました、本多巧です。

楽日からもう一週間経過しておりますが、今更ながらのブログアップです。



なぜこんなにも遅れたかというと、

実は本番翌日の8月30日から次の舞台の稽古が始まっていたのです。

部屋には『オドル』で使ったアレコレが残ったまま、

『オドル』の整理も付かないままなだれ込みました。

だからなのか、最初は今もらっている役のイメージがなかなか描けませんでした。

というか、セリフの端々にちょこちょこシバフが出てきてました。


でも、時間のスキマを見つけては少しずつ部屋を片づけをしていくと、

ここ数日はシバフがどこかへ行ったように感じます。

ちょっと寂しいことではあるけども。



シバフが去っていったのとリンクするように、

『オドル』の稽古~本番にあったいろいろなことも今はあまり思い出せません。

思い出せないというよりも、『オドル』を記憶している領域に近づくことを、

磁石のSNのように強制的に、無自覚的に禁じられている感覚があります。

そこに記憶が存在していることは確かなのに、その実態はつかめない。

だから今こうしてブログを書いていてもほとんど『オドル』のことが書けないのです・・・。

ただ、とても楽しかったという感覚だけは今でもリアルに感じます。

それは、遠くから見るその記憶の輪郭が、楽しかったという思いに縁取られているから。




今思いましたが、この感覚は、

クルミが自分のいた世界のことを思い出しているときの感覚に似ているんじゃないかなって思います。

離れているからこそ気付かされる「日常」に対する思い・・・。






このような芝居にかかわらせてくれたゆういちさんに改めて感謝し、

また楽しい雰囲気を作ってくれた共演者全員に感謝し、

さらに芝居を見に来ていただき、さまざまなコメントをくださったお客様に感謝し、

再び現在進行中の芝居の世界に戻ろうかと思います。



では皆様、また会う日まで・・・



本多 巧
by appleAppletheater | 2010-09-06 15:10 | オドル
<< 感想 夏の終わり >>