人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

劇団appleApple

applestage.exblog.jp

はじめて。

どうも、ほくとです!

少しこれまでを振り返ってみました。

僕が『崩壊』を最初に読み終えたとき、優一さんへすぐにメールをしました。
挨拶を除けば、【5文字】だけを。


台本を受け取ったのは、3月下旬深夜。
眠気を消されました。
優一さんの作品を観たことはあっても、読むのは初めてで、完全な当て書き(役者を決めてから執筆)による台本も初めてでした。

台本を受け取るときっていいものですよ。
緊張とか興奮とか不安とか、けど、すっごく楽しいときですね。

まずタイトルを見つめること数分。
『崩壊』
…崩れる、壊れる…。
壊れる対象があるってことだよね?いや、壊すのかな?それとも壊れていたとか??
なんだろ?どんな物語なんだろ?
漠然と広がる期待と妄想と、ページをめくり本編へ。
僕は、一気に読み終えました。

このとき、余韻の中でも言葉は【5文字】で足りることは明白でした。
他は芝居で、と思っていました。

その後、内容を思い返しながら、自分のやるべきことを考えてみる。
そのまま2度目を読み終えるのに時間はかかりませんでした。


残り21日。

あとは、僕らの仕事です。


黒田北斗
by appleappletheater | 2009-06-20 01:04 | 崩壊
<< 7/11 幸運の・・・ >>