ブログトップ

劇団appleApple

applestage.exblog.jp

カテゴリ:改造( 118 )

写真(個人的に撮った方の)

永妻です。

「ソラニン」が映画化されますね。
「パレード」が映画化されますね。

どちらも大好きなマンガと小説なのですが、どうなるんでしょうか。。。

好きな原作の映画ってすごく見てみたいけど、見るのちょっと怖いですよね。

「ノルウェイの森」とかもそうなんですけど。

ちなみに今ソラニン読んでたら、ヤバいことになってしまった。

目が赤いっす。。。。




こないだなんとなく眠れなくなってしまい(って、今日も眠れてませんが)、個人的に撮った『改造』の写真を見てました。

そういえば、全然アップしてなかったなって思い、今更だけどアップしてみます。

改造の小屋入りの日、恩田さんと休憩中にご飯食べに行ったときの写真。

f0200288_285916.jpg


相変わらず同じメニューっていう。。。

なんか、唯一ゆっくり出来た時間でしたね。

このあと、本番終わるまで、思い出すだけで「キ〜!」ってなるくらいバタバタでした。


これが演出家席から見た舞台。

f0200288_2362835.jpg


これが演出家席に「ご飯食べる場所がないんです〜」って、遊びに来た巧さん(奥は恩田さん)。

f0200288_2382720.jpg


本番で使う花を選んでる恩田さん。

f0200288_2392855.jpg


演出家席から舞台を見ている巧さん。

f0200288_2405288.jpg


貴子集中の図。

f0200288_2421694.jpg


横から。

f0200288_2432454.jpg


打ち上げ!かんぱ〜〜い!!

f0200288_244952.jpg


から五時間後

f0200288_2445476.jpg


から1時間後。

f0200288_2454869.jpg


最後に千秋楽の本番前に撮った集合写真。

f0200288_2465015.jpg


おしまい。

みなさんおつかれさま〜〜!

ゆういち
[PR]
by appleAppletheater | 2010-03-13 02:52 | 改造

最後

永妻です。


改造のカテゴリーで記事を書くのはこれで最後になると思います。

だって、appleAppleは

次回の劇場が決まった!

公演期間が決まった!

演目が決まった!

役者が決まった!

なんですもん。

近々発表しま〜す。


昨日は役者さん方に集まって頂き、顔合わせとワークショップをやりました。

次回公演の設定とセットの中で、ひたすらエチュード。

ノープランだったのですが、役者さんを見てたらいろいろ思いついて、いろんな設定で遊んでもらいました。

キャスティングはいつも組み合わせを考えてお誘いしているのですが、

実際目にすると、この組み合わせは予想以上に興奮ものでした!

あの人のあの人のやりとりとか、あの人とあの人のやりとりとか。。。



今回は、ちょっと自分も役者として出てみたいな〜と思えるような、これ役者さん楽しそうだな〜って思えるような、そんなお話です(笑)

冒頭のシーンを唯一読んだ恩田和恵曰く「作風がすごく昔に戻ってる」だそうです。

崩壊や改造とは明らかに違うモノになると思います。

まだまだ先ですが、観に来て頂けたら嬉しいです。


ゆういち
[PR]
by appleAppletheater | 2010-03-08 18:58 | 改造

写真

永妻です。


今日はお昼に先輩役者さんと三人でG-upの「棄憶」を観に青山円形劇場へ行きました。


パラドックス定数の野木さんが本を書いて、はえぎわのノゾエさんが演出。


役者さんもいろんな劇団の方が出演されてる舞台なのですが、


客席を見回すと、うちの連続出演記録更新中の本多巧さんを発見!!


麦わら帽子(?)にチェックのパンツ姿の最前列で足を組みながら舞台を観る真剣な表情の巧さんは、豪華な出演者に負けないオーラを放っていました。。。。。


舞台後は先輩方に「来年うちに出てくださいね」と呪いをかけてお別れして、恩田さんと合流。


舞台写真を撮影してくださったKさんの仕事場へ、『改造』の写真を見に行きました。


既に写真はKさんのパソコンに取り込まれており、スライドショーで写真を拝見。


大興奮でした。


今にも動き出しそうな役者の躍動感のある体とか、台詞が聞こえて来そうな表情とか、写真でしか観られないアングルとか、色合いとか。


写真には写真の中だけの『改造』があって、まったく違う角度でこの作品を見直すことが出来ました。


Kさんありがとうございます。


そして一緒に過ごす時間があまりに楽しくて、恩田さんとお菓子をボリボリ食べながら十二時近くまで居座ってしまいました。


でも表現に関する素敵なお話がたくさん聞けて、とってもエネルギーをもらえました。


お邪魔しました。



明日は、アゴラで富士山アネットを観に行きます。


夕方は恩田さんと小屋見学。


夜は次回出演者とワークショップです。


今日頂いたエネルギーを次回への力に変えていければと思っております。


ゆういち
[PR]
by appleAppletheater | 2010-03-07 02:26 | 改造

感想

永妻です。

本番終わって一週間。

めっっっっっっっちゃバタバタしてました!!

(次回の企画で、です)

今日になって、「改造」関係で散らかった部屋をようやく片すことが出来て、やっ〜〜〜と、終わった気がしました。

みんなお疲れさま!!!!


バタバタしている一週間の間も、「改造」の感想をたくさん頂きました。

ありがとうございます!!

感想って、、、、とてつもないエネルギーです!!

百人以上の方が、そもそも僕の頭の中にあったモノについて、あれやこれや言葉にするんですもの。

昔は、嬉しい感想に喜び、厳しい批評に傷付き、なんて独りよがりなココロの流れでしたが、

最近は、それぞれのお客様と(作品を通して)築いた関係のひとつひとつが、一個の命みたいに大切で重くて、尊いのです。

僕と同じモノを共有出来た方、わかり合えなかった方、傷つけてしまった方、興奮してくださった方、不満だった方、感動してくださった方。

いい関係だけを築けたわけではありませんが、たった二時間で築いたその様々なお客様との関係ひとつひとつが僕にとっての演劇です。

もしよければ、また足を運んでください。

「けっこういいヤツじゃねえか(笑)」とか、「そんなヤツだと思わなかった(怒)」とか、「相変わらずだね〜」とか、そんな変化していく(もしくは変わらない)関係性をお客様との間に築けたら幸せです。

ご来場、本当に本当にありがとうございました!!



そしてそして、そんな(一週間悪あがきしてみたものの以前として混沌の中にいる)次回作ですが、

とりあえず、抑えきれずに冒頭のシーンを書いちゃいました!

改造の稽古からず〜〜〜〜っと書きたかった冒頭のシーンです。

この数作品の中では一番Appleっぽい匂いがします。

キャスティングも日程もいろんなことがはっきりしない状態ではありますが、

台本の登場人物には、恩田和恵と土肥祥子が仲良く隣同士で並んでいます。

それが今現在確実に決まっていることです。

うちで主演をやった二人が共演するのは初めてのことです。

この1年間、ずっとやりたかったことです。


ゆういち
[PR]
by appleAppletheater | 2010-03-03 03:37 | 改造

最後のお仕事

先週の今頃は、
「改造」3回目の公演が終わって家に着いた頃でしょうか。

水木茜です。
町田由美を演じました。

演じる人のみんながそうなのかはわかりませんが、
私はたまに憑依される感覚があって、

勝手に動いたり台詞を言ったりするので、
(あ、それはちゃんと台詞どおりに)
ちょっと自分でびっくりします。

この人は特にそれが多かったように感じます。


今回の私のお仕事はこの人と、
あとケーキとプレゼントを作ることでした。

劇中に出てくるモンブランタルトと誕生日ケーキ。
プレゼントの花瓶の包装。

以前ケーキ屋で働いていたことがこんなところで生きようとは。

ちなみにあの花瓶は、
今は私の家の玄関に飾られています。

そしてこのご挨拶が「改造」最後のお仕事になります。


お忙しいなか劇場まで足を運んでくださいました皆様、
本当にありがとうございました。
[PR]
by appleappletheater | 2010-02-28 00:25 | 改造

心の勝負

ブログ上では大変ご無沙汰しております。吉田健太役を演じさせて頂いた柘植裕士です。

「改造」を観にお越し下さった皆様、本当にありがとうございました!
多くの方々に足を運んで頂き感謝の気持ちで一杯であります。

先日、書店である本を立ち読みしました。

元プロ野球選手の清原和博氏の名言集「魂の言葉」です。

その中にこんな言葉がありました。

「自分の全存在を賭けて心と心の勝負をする。だから人は野球に魅せられる」

実に清原氏らしい言葉ですが、これは芝居にも通じることだと思うんです。

「改造」の稽古は、役者が自らの内面を深く探りながら、相手と本気のやり取りをする事を徹底的に重視して進められていきました。

本番では全編に渡り「心と心の勝負」が展開されたと私は思っています。

今後も忘れることは出来ないだろうと思えるシーンを体験させてもらえた作品でした。

そんな機会を与えて下さった主宰・優一氏に感謝。

キャストの皆さん、裏方の皆さん、他にも色々な形で力を貸して下さった全ての方々、そしてお越し頂いたお客様に改めて心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました!


柘植裕士
[PR]
by appleappletheater | 2010-02-27 01:51 | 改造

お知らせ

お知らせです。


諸々の事情により、


次回公演『オドル』が延期になりました。
イエローページへの台本提供が中止になりました。


『オドル』出演予定だった皆様、イエローページの皆様、楽しみにしてくださったお客様、ごめんなさい。



次回は未定ですが、

appleAppleらしいことが出来ればと、二人で話し合っております。

なんかうちっぽいこと、です。


ちなみにパンフにあった役者募集は相変わらずしています。

ユルい二人の背中を押してくださる役者の皆様、ご連絡お待ちしてます。


ではでは。



永妻&恩田
[PR]
by appleAppletheater | 2010-02-27 00:14 | 改造

光陰(こういん)矢の如(ごと)し

こんにちは!
笠井貴子です。

『改造』では、リョウコこと浅井涼子をやらせていただきました。
涼子!こう書きます。それから苗字!あるんですよ!
(一度も出てきませんでしたが…)

いやー、あっという間でしたー。
ご来場くださった皆様本当にありがとうございました。
5回公演とも温かい雰囲気を作ってくださり、一体感を感じる事ができました。

さて。。。改造一色だった3ヶ月が終わり、日常に戻ってまいりました。
こんなに悩んだ芝居は初めてだったなあ。
お陰でやりがいがありました(^^)

涼子が一人でまくしたてる台詞がいくつかあるのですが、
これを移動中などに、ひたすら繰っていました。
これが、歌をうたっているみたいで気持ちよいのです♪♪♪
今でも、思わず口ずさみそうになったりします。。。

さて、リフレッシュかねて遊ぶぞ~!!
何か面白い事あったら呼んでくださいね♪
それでは、いつか、どこかで、またっ!!!

写真は涼子より出番が多い涼子携帯auT002♪
f0200288_0271739.jpg

[PR]
by appleappletheater | 2010-02-25 23:36 | 改造

巻かない生活

週末は、改造へご来場いただきましてありがとうございました。
天候にも恵まれ、たくさんのお客様に劇場までお運びいただきました。ありがとうございました。


笠原 真人(カサハラ マコト)に配役されました黒田です。

2時間と5分程のお芝居に2時間ちょっと舞台上にいた真人。

そんなにいたのに(それだけ出ていたから?)実は、麻衣の部屋でみんなが何をしていたのかあまり知りません。
そんな理由かはわかりませんが、公演DVDの完成がすごく楽しみだったりします。
今までは自分の出演した舞台は絶対観たくない人だったのですが…
お客さま目線で改造をお話する日もくるかもしれませんね。

そういえば、麻衣と真人の漢字が出てくるのは初めてでしょうか。
こういう字を書きます。

あれから数日。
今も、ときどき左手に包帯を巻いている感覚があります。
生活の中、ふとしたときに存在しない左手を庇ったりします。

まだ僕のどこかに彼がいるような気がします。


またどこかでみなさまとお会いできることを願っています。
ありがとうございました。

追伸
黒田は、春頃、舞台をやるかもしれませんよ~。
まだ確定していないのでなんとも言えませんが。



黒田北斗


最後まで読んでくださった方、
↓のバナークリックでますます『改造』が面白いものになります♪♪♪
人気ブログランキングへ
[PR]
by appleappletheater | 2010-02-24 18:22 | 改造

一歩


お忙しい中ご来場くださいましたお客様、

ありがとうございました!!

今回慎二役をやらせていただきました本多巧です。



え~・・・・ここになんて書いていいのかわからないまま数時間が経過しています。


いろいろ思うことはあるんですがうまく言葉に出来ない感じです。


慎二の心の変化とか、二つの部屋での違いとか、


イメージ先行の思考回路な僕は思いを言葉にすることが苦手です。




そう、言葉にすることが苦手な僕が普段思ってることとか感じてることの一部が、


主宰の書く台本には埋め込まれてることがよくあります。


それは自分のセリフに、というわけではなく、


例えば麻衣の、真人の、みどりの、啓介の(みどり、啓介は『崩壊』より)セリフにだったりします。


そういうセリフを見つけると普段自分が抱いている形のないイメージが、


言葉になって縁取られていく感じがします。


そういうのを感じると、


なんだか今この瞬間がより現実味を帯びる感じがします。


非現実の世界を通して感じる現実。


それは自分の心の中に確かな存在感と怖さをもたらします。





怖さといってもそれは決して悲観するものではなく、


むしろ次に乗り越えるべき壁を啓示してくれていると感じます。


その壁を乗り越えて自分が成長していければいいなと思ったとき、


あぁ、そういえば自分が俳優をやろうかと思ったときの動機のひとつって、


こんなところから始まったなぁ、と、今、思い出しました。


簡単なことではないけれど、


また頑張って壁を乗り越えていこうと思い直しました。




そして、


こうやって、


自分の中にある小さな部屋を、


ちょっとずつきれいに出来たらいいな。


自分ひとりで出来ないなら、


誰かの力を借りながら。







・・・・・えっ、まじめ過ぎ??(笑)






いろいろ感じさせてくれる作品に誘ってくれたゆういちさん、


ほんとにありがとうございます!!!


また誘ってください!!!




そして共演者の皆様、


個性的な皆様と触れ合う日々はめっちゃ楽しかったです!!!


ありがとうございました!!!



そしてそして今回の舞台に携わっていただいた皆様、


ほんとうにありがとうございました!!!


そしてそしてそしてなにより観に来ていただいたお客様方、


ほんとうにほんとうにありがとうございました!!!!!!!





最後まで読んでくださった方、
↓のバナークリックでランキングアップのご協力お願いします♪♪♪
人気ブログランキングへ
[PR]
by appleAppletheater | 2010-02-23 15:48 | 改造