ブログトップ

劇団appleApple

applestage.exblog.jp

オドル

永妻です。

夕方頃、なんとなく書き始めたら、止まらなくなってしまいこんな時間。
15ページ書けました。
僕の書式で15ページというと、16、7分くらいだと思います。

書くのはいつも楽しい作業なのですが、今回はいつも以上にヤバいです。
1分でも1秒でも長く「オドル」の世界にいたくてパソコンから離れられません。
「人魚」というお話を書いてたときもそんな感じだったように思います。

久々のこの感覚。

これからどうなっていくのかが自分でも楽しみです。



こんなに楽しく書かせて頂いているのは、役者さんのおかげなのでしょうか。

ということで、ちょっとご紹介。

まず、ウチの常連さんチーム!
Appleが超〜〜信頼をおいている、土肥祥子さん、黒田北斗さん、本多巧さんのお三方が出演です。
さっちゃん、北斗くんは今回で3回連続。巧さんに至ってはもう4回連続なんですね。
ホントにいつもありがとうございます。
ひとつ公演終わる度にこの三人の成長にはびっくりします。
「崩壊」「改造」は姉妹作的な感じだったので、この1年とはちょっと違う三人が観たいな〜と思いながら書いています。

そして今回二回目の笠井貴子!
なんかこの人のカラダに染み付いた演劇くさい技術がすごく好きです。
(ついでに人としても好きです)
前回ご一緒してすごくこの方の世界が広がって、なんかいろいろやってほしいことがあったりなかったりします(笑)。

そして今回初参加のお二人。
蒔田陽一さんと、石原尚大さん。
蒔田さんは父の舞台に出ているのを去年の夏に拝見したのがきっかけでした。すぐ好きになりました。
ホントは『改造』にも出て頂きたかったのですが、役がどうしても思いつかず、今回念願の出演依頼。即答でした。
石原さんは、僕と恩田さんのカリスマ先輩役者(変なネーミングですが)のお一人です。僕たちが十代の頃からの大先輩です。
かなり強引に誘ってしまったような気がします。。。
頑張って書きますね。


そしてそして恩田和恵がついに出演です。
21ヶ月ぶりです。
うちの団員である前にこの人のファンなのかもしれないと、書きながら感じています。
この人が出ないと書けない作風というのが自分の中にあって、「崩壊」と「改造」しかご覧になったことがない方は今回かなり新鮮なのではと思っています。


うちとしては今までで一番多い人数です。


そしてこの作品をやるにはこの七名がベストの組み合わせだと思ってお誘いしました。


『オドル』よろしくお願いします。


ゆういち
[PR]
by appleAppletheater | 2010-03-10 01:51 | オドル
<< 写真(個人的に撮った方の) 劇団appleApple 第六... >>